お金を増やす/守る

米国株を買う際は為替リスクがあることを考慮しよう!円買いなら為替リスク極小化も可能

米国株投資を行っていると為替リスクが付きまといます。

米国株は、当たり前ですがドル建てでしか購入できません。

ドル建てで株を買うということは、ドル資産を持ち続けることになるので為替リスクがどうしても発生してしまいます。

今回は米国株を買う際の為替の考え方と、対応方法について解説します。

米国株を買うときは、同時にドルを買っている

米国株は当然米国の通貨でしか買えません。

1000ドル分株を買うならまず1000ドルを買って、株に換える必要があります。
1000ドル分株を売るときは、1000ドルを受け取り、円買いする必要があります(最終的に日本円で消費活動するなら)。

 

ドル円が変動すれば、例え米国株が動かないにしても円換算時の損益は変動してしまうということです。

円高ドル安になれば損失となります。

 

為替リスクヘッジすることも可能

米国株に投資するときに、同時に円買いをすれば為替リスクを小さくすることができます。

例えば銀行の外貨預金、またはFXでドル円ショートで円買いをすればOKです。

米国株購入金額と同額相当の米ドル売りを行えばいいです。

 

為替リスクは取るべきかヘッジするべきか

例えば米国株が上がったとき、ドル円が上昇すれば利益が上乗せされますし、ドル円が下落すれば利益が減ります。

ではどちらに掛けるべきか?

残念ながら今後の為替動向は、長期的には誰にも分かりません!

過去記事を参照ください。

ドル円の先行きは?円高vsドル高いつの時代も超円安論者、超円高論者がいます。 時折、経済評論家の立場の方がこのようなことを言い出し、記事が躍ることが多いです。 ...

 

ところが、多少リスクコントロールすることができるポイントもあります。

一般的に『米ドル安≒株やコモディティへの投資が加速』と考えられています。
理由は、米ドルは基軸通貨であり、株やコモディティは米ドルベースで作られているため、米ドルが下落すると相対的にコモディティの価格上昇が期待されるためです。

「ドル安時に株などが上がる」のであれば、円買いで為替リスクヘッジをしない方がトータルでヘッジになる可能性があります。

まとめると、為替ヘッジをしないということは、ヘッジをするときよりローリスクローリターン化する可能性が高い(逆に働く場合もある)と言えます。

 

上記は円高ドル安、ドル高円安時の話になります。

 

一方でひとつ問題があり、時に『ドル安≠円高』であるということです。

「ドル安時に株などが上がる」というのは、世界各国の通貨に対してドル安かドル高かという点がポイントです。

ドル安と円安が同時に高くなる場合、またその逆もあり得ます。
そうなると、ドル資産を持っていることがリスクヘッジにはならないことになります。

 

結論:為替リスクヘッジをするべきか?

これまでの通り、結局はどちらに転ぶか分かりません。

為替リスクヘッジをしない方が若干ローリスクローリターンだ、というのが僕の結論です。

あとはリスク許容度の問題で、ハイリスクハイリターンを好むのかどうか、で選べば良いです。